座敷牢日誌

都落ちした元SEがソフトウェアやネット関連のことを書いています

Vim Bootstrap というサービスが面白い

Vim Bootstrap というサービスが面白い.

vim-bootstrap.com

選択したプログラミング言語に適したVimの設定ファイルを生成してくれるというものだ.

個人的にはVimの設定を時間をかけて育ててきたところがあるので, こういうサービスで生成したものを使うことにあまり食指が動かない. ただ, Vimの設定ファイルを何年も大きくいじっていないし, 最近のVimプラグイン事情が全然わからない. いっそのこと, いまのvimrcをそっくり捨ててしまうのもありかなと思った次第でちょっと試してみた.

Rust, Python あたりを選択して生成されたファイル generate.vim.vimrc へリネームしてホームディレクトリへ配置.

実際にこの設定でVimを使ってみて, .vimrc.local.vimrc.local.bundles で自分好みに仕上げていく感じ.

.vimrc.local.bundles に追加で使いたいプラグインを記載する.

Plug 'mattn/calendar-vim'
Plug 'Shougo/defx.nvim'
Plug 'roxma/nvim-yarp'
Plug 'roxma/vim-hug-neovim-rpc'

.vimrc.local にその他の設定を加えていく.

set backup
set backupdir=$HOME/var/vim/backup

set undofile
set undodir=$HOME/var/vim/undo

set swapfile
set directory=$HOME/var/vim/swap

set history=1000

set nowrap
set cursorline
set grepprg=grep\ -rnHI

vunmap J
cunmap <C-P>

Vimを少し使い慣れた身には, ちょっと馴染みのないキーマッピングがいくつかあったので, 気になったところから解除している.

外部コマンドによるgrepにagないしripgrepを使う設定が入っていたけど, 悲しいかなそのどちらも知見がない. ちょっと使った感じだと従来のgrepのようには使えなさそうなので, 標準的なgrepコマンドに変更.

このサービス自体は何年も前からあるようなので, いまさら感があるが, Vimの設定ファイルをごりごり書いて使っていた頃の感動がちょっと蘇ったのが嬉しかったので紹介してみた.