座敷牢日誌

都落ちした元SEがソフトウェアやネット関連のことを書いています

Vivaldi を使い始めた

WebブラウザVivaldiを使い始めた.

数年前にFirefox拡張機能 Vimperator が EOL を迎えてから, しばらくの間は代わりとなるブラウザ・拡張機能を探し求めてジプシーしていたが, やがて諦めChrome (Chromium) に落ち着いた.

同じプロジェクトで仕事しているややギークな子が, Vivaldiを便利に使っていて, こりゃ便利そうだなと.

実際に使ってみての感想などを.

Vivaldi とは

Opera開発のメンバーの一人が始めたプロジェクトで, Chromiumベース.

気に入っている機能

気に入っている機能をいくつかあげてみる.

カスタムパネル

左ペインに任意のページを表示する機能を追加できる.

AndroidのUser-Agentを送信するそうで, 縦長の小さい画面に適したレスポンシブな表示を提供してくれるサービスと相性が良い.

Google Keep, Gmail を便利に使わせてもらっている.

タイリング

1つの画面に複数のページを表示させられるようになる. 「隣のペインへフォーカスを移動」みたいな概念は, これまでのタブブラウザにはなかったと思う.

豊富なキーボード・ショートカット設定

キーボード・ショートカットの設定がやりやすい.

次の機能に使いやすいショートカットを割り当ててみた

  • カスタムパネルのGoogle Keep
  • 設定画面の表示
  • パネルの開閉

Chrome拡張機能が使える

Chromiumベースだからということだと思うが, Chrome拡張機能が使える.

いくつか試していて, Vimium がいい感じ.

所感

おそらく, Vivaldiでできることのほとんどは, Chromeでもできる.

重い重いといわれるChromeだけど, 基本的にはシンプル. シンプルに使うか, 拡張機能を駆使して自分に最適化させていくか.

Chromeと比べてVivaldiイカしているのは, 始めからある程度カスタムされていて, 高いカスタマイズ性を備えているところだ. 最初から使いやすいし, より気にいるようにいじっていくことも容易い.

あと, Vivaldiは軽量だと謳われているのをよく見かけるけど, Chromeと比べて特別軽いと思ったことは, 今のところない. サスペンドから復旧したら動かなくなっていたり, ということもあった. 開いているタブの分だけメモリは食ってる. 軽さを求めてVivaldiに乗り換えるとがっかりするかも.