座敷牢日誌

都落ちした元SEがソフトウェアやネット関連のことを書いています

LinuxをUSBに入れるメリット

「USBにUbuntuをインストールしたい」

みたいな話題をよく見かけるけど、それってそんなに素晴らしいのか?

光学ドライブを載せていないPCにインストールするときのインストール用メディアとして 使うならわかる。それ以外だと「試しに使ってみたい」という用途。それも分からないで はない。でも見ていると「USBから起動して作業する。起動し直した後も作業の続きをで きるようにする」ことを目的にしている人が多いんだよなあ。

CD-Rから起動するよりUSBのほうが速いから、という理由も分かる。でも、HDDより遅いこ とが多くないか?

やりがちなのが、USBにUbuntuをインストールしたら、プライマリHDDにあるWindowsが起 動しなくなってしまった、とかいうミス。どんなLinuxディストリビューションでもイン ストール時にMBRをどこに入れるか聞いてくるものだけど、よく確認もせずHDDを選んでい るせいだと思う。

試しに動かしたいだけであれば、インストールメディア(CD-R/USB)からライブ起動する か、VMWareVirtualBoxにインストールする。USBに入れたLinuxで作業・運用するという のは、HDDにインストールするより高度なことだと思ったほうがいい。ついでにいうと、 デュアルブートとかもMBRを必ず書き換えることになるため、そこそこリスクは高い。