読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座敷牢日誌

都落ちした元SEがソフトウェアやネット関連のことを書いています

ClamAVがウィルスを検出していた

Mintではあまりウィルスを心配していないけど、エチケットのつもりでClamAVを導入して、 ホームディレクトリ以下全てを毎日スキャンしている。なんとなくログを見たところ、一 週間くらい前からウィルスを検出していた。

~/.wine/drive_c/users/kosuke/Temp/yda1ff9.tmp: W32.Parite.B-dll-1 FOUND

wineのテンポラリにあるということは、Windows向けのファイルや実行ファイルから入っ てきたということだと思う。たぶん、あのエロデータだろうなー程度の心当たりが、いち おうある。

ファイルの冒頭に「This program must be run under Win32」とあって、調べるとDelphi で書かれたものらしい。ウィルスの名前で調べてもあまり情報は出てこなかった。

いずれにしてもだけど、ClamAVに日次スキャンさせてログを残しておきながら、ログを見 るまでウィルス検出に気づかないというのはちょっと本末転倒だ。とりあえず、ClamAVが ちゃんと仕事していることが分かったことと、使用上の課題がわかってよかった。

広告を非表示にする