読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座敷牢日誌

都落ちした元SEがソフトウェアやネット関連のことを書いています

gvimでタブの表示/非表示が切り替わるごとに縦方向の画面サイズが小さくなる

gvimでずっと気になっていたのは、タブの表示・非表示が切り替わるごとに縦方向の画面サイズが小さくなるということだ。「set lines」で見ると一目瞭然で、gvimrcで設定した値からどんどん小さくなってしまう。

タブを常時表示にする

'tabline' を活用しよう - 永遠に未完成

上記の記事を参考にしてタブを常時表示・かつテキストベースのタブで表示するように変更してみた。次の設定を.gvimrcに追加した。

" タブページを常に表示
set showtabline=2

" gvimでもテキストベースのタブページを使う
set guioptions-=e

.gvimrcに追記したのはgvimだけに適用したいため。CUIのvimだと小さい画面で使う(80*25)ことが多いので。対症療法のようだけど、結果オーライで満足です。

広告を非表示にする